最近の記事

2020年06月30日

新垣結衣 永野芽郁の母親役に驚きの声 年齢12歳差「どゆこと?」「ガッキーもとうとう…」#さくら [砂漠のマスカレード



1 :砂漠のマスカレード ★:2020/06/22(月) 16:27:40 ID:Ss0lunFj9.net
女優の新垣結衣さんが、ムロツヨシさん主演で8月にスタートする連続ドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系、日曜午後10時半)にレギュラー出演し、実年齢で12歳しか離れていない、永野芽郁さんの母親を演じることが6月22日に発表され、SNSでは驚きの声が上がっている。

 ドラマは、ムロさんのゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7〜11時)の連ドラ初主演作で、 2018年10月期に日本テレビ系で放送された連続ドラマ「今日から俺は!!」チームの最新作。ムロさんも出演したドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一さんが脚本統括、演出を担当する。同級生となった父と娘が、大学生活で絆を深める家族愛を描くオリジナル作品。

 新垣さんが演じるのは、小説家の小比賀太郎(ムロさん)の妻で、さくら(永野さん)の母親である幸子。幸子は劇中ではすでに亡くなっているという設定だ。新垣さんが永野さんの母親を演じることについて、SNSでは「ガッキーが永野芽郁の母親役ってどゆこと?」「ガッキーが永野芽郁ちゃんの母親役?! え、ちょ、……え??」「新垣結衣と永野芽郁が親子役? 友達にしか見えんけど!」「姉妹じゃないの?」と驚く声が上がったほか、「ガッキーもとうとうママを演じる時代がやってきたのか」「ガッキーがママ?! びっくりした」「時代の変化を感じます」というコメントもあった。

 新垣さんと永野さんは、共にティーン向けファッション雑誌「nicola(ニコラ)」(新潮社)の専属モデル(ニコモ)出身でもある。“元ニコモ”が母娘役で共演することに「元ニコモ共演ってのもエモい」「ニコラの先輩後輩か……」といった反響もあった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1afc6621f6ecc1a79a274a040ca4e1b56772f366


6/2




続きを読む
posted by kokodake at 23:05 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


# 橋本環奈、幼少期の家族写真公開 #さくら [砂漠のマスカレード



1 :砂漠のマスカレード ★:2020/06/22(月) 00:50:50.22 ID:1KMMR6a59.net
【モデルプレス=2020/06/21】
女優の橋本環奈が21日、Twitterを更新。父の日ということで父親、双子の兄、7歳上の兄との家族写真を公開した。


◆橋本環奈、父の日に家族写真公開

「Happy Father's Day パパいつもありがとう」と父親へ感謝の言葉を送った橋本。

公開した幼少期の写真では父親の上に兄妹3人が抱きついて団子状態になったり馬乗りになったりしており、「橋本家のアルバムはこんな写真ばっかりで父頑張ってます。笑」とコメント。

「まさかの父も兄も顔出しNGらしいですが、絵文字と同じような表情してます」と父親と上の兄の顔は絵文字で隠されているが、橋本の可愛らしさは今と変わらず、双子の兄も橋本とよく似た整った顔立ちであることが分かる。

ちなみに橋本の足が傷だらけのことについては「それにしても私、足怪我しすぎ。笑 活発な女の子だったんです、、、あと、よく虫に刺されます」とやんちゃだったと説明した。

貴重な写真にファンからは「昔から可愛い〜」「子供の頃から天使」と絶賛の声が。「双子のお兄ちゃんそっくり」「お父さんもお兄さんもイケメンなんだろうな〜」という声だけでなく「めっちゃ良い家族」「こんな天使を育ててくれたお父さんに感謝」と仲睦まじい家族の姿にほっこりとしたというコメントが溢れていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

https://news.livedoor.com/article/detail/18452386/
2020年6月21日 19時12分 モデルプレス








続きを読む
posted by kokodake at 15:05 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


<渡部建>「文春で告白」の影響、バッシングを加速させた可能性 [Egg



1 :Egg ★:2020/06/29(月) 19:57:18 ID:1I62F5TI9.net
複数の女性と不倫していたことが発覚し、芸能活動を休止することとなったアンジャッシュの渡部建(47才)。その後、第一報を報じた『週刊文春』の独占取材を受け、謝罪するとともに、妻である佐々木希(32才)や、相方の児嶋一哉(47才)に対する思いを告白した。しかし、公の場に登場し“謝罪会見”を開くには至っていない。

 スキャンダルを報じられた有名人が謝罪会見を開くべきかどうかについては、意見がわかれている。

 たとえば、社会学者の古市憲寿氏は、6月25日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、渡部の行為が社会にダメージを与えたわけではないとして、〈そもそも謝罪会見をする必要がない〉と発言した。

 落語家の立川志らくは、6月25日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、謝罪会見をする必要はないとしながらも、〈“あいつすごいね、あんな会見したね”と伝説になるくらいのことをしたらいいのに〉と発言。週刊誌で告白するよりも、会見での“芸人らしい”姿が見たかったと話した。

 東国原英夫氏は6月12日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で〈記者会見は絶対にすべき〉と主張し、事情説明と謝罪を求めた。さらに、タレントの峰竜太は6月21日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』で、〈(佐々木希が渡部を)助けるつもりなら、2人で(会見を)すればいい〉と話していた。

「会見を開くことで“一発逆転”があるなら別ですが、ほとんどの場合、許されることなどありません。原田龍二さんのように会見後に仕事を増やしたケースや、会見でのやり取りが逆に好感度上げた三遊亭円楽さんのようなケースは本当にまれ。大抵の場合は、あまり上手に受け答えすることができず、逆にバッシングが強まってしまうんです」(芸能記者)

 昨年は、闇営業騒動の雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、申告漏れのチュートリアル・徳井義実などが謝罪会見を開いたが、それで事態が好転したわけではない。

つづく

6/29(月) 16:05 ポストセブン
https://news.yahoo.co.jp/articles/8eeab83dc5e0185d62b355553e0d81076edac92a

写真





続きを読む
posted by kokodake at 09:05 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする