最近の記事

2020年09月30日

#佐々木希 、白い首筋が妖艶な横顔を披露 「頑張りすぎないで」と心配も [湛然



1 :湛然 ★:2020/09/26(土) 06:15:12.79 ID:CAP_USER9.net
佐々木希、白い首筋が妖艶な横顔を披露 「頑張りすぎないで」と心配も
佐々木希がインスタグラムで、自身がプロデュースするブランド「アンティミテ」の服を着用した写真を披露し「美しい」と話題に
2020/09/25 21:00 星子 しらべぇ
https://sirabee.com/2020/09/25/20162416047/

nozomisasaki_official
https://www.instagram.com/p/CFhJrJTDEzd/





女優の佐々木希が、公式インスタグラムを更新。自身がプロデュースするワンマイルウェアブランド「アンティミテ(iNtimite)」の服を着用した写真を公開し、美しい姿が反響を呼んでいる。

■真っ白な首筋が色っぽい横顔

佐々木が話題の画像をインスタグラムにアップしたのは、25日。3枚の横顔写真とともに、「#阪急うめた゛ にて ホ゜ッフ゜アッフ゜ストア、昨日から始まっています #iNtimite」と、ポップアップストアの告知文を投稿し、花束の絵文字を添えている。

真っ白な首筋を見せて目を閉じている佐々木は、どこか妖艶な雰囲気。3枚めの画像では、チラリとカメラに視線を送っており、天使のような美しさにハートマークの絵文字が飛び交っている。

■佐々木の「大人の魅力」が炸裂

佐々木の横顔は艶っぽく、「大人な感じ」「大人の魅力が半端じゃない」「すべてが美艶」など、「大人の色気」を称える声が複数見受けられる。

また、夫である渡部建が、不倫騒動で活動自粛しているというころもあり、多忙な日々を送る佐々木に対し「あんまり頑張り過ぎないで」という心配の声も寄せられ、賛同の「いいね」が集まっている。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



続きを読む
posted by kokodake at 23:05 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


#安田顕 が披露したTEAM NACSの集合写真にファン歓喜「最高のおじさん達」「嬉し泣きしました」 [湛然



1 :湛然 ★:2020/09/26(土) 06:14:11.75 ID:CAP_USER9.net
「最高のおじさん達」「嬉し泣きしました」安田顕が披露したTEAM NACSの集合写真にファン歓喜
[2020/9/25 11:52]
https://33man.jp/article/009227.html

安田顕 Instagram
https://www.instagram.com/p/CFhifxxlkRi/












安田顕、TEAM NACSの楽しげな集合写真を披露!

“ヤスケンの”愛称で親しまれている俳優の安田顕が、9月25日にInstagramを更新。自身が所属する演劇ユニットTEAM NACSの集合写真を公開し、「いい写真!」「エモ過ぎでしょ」と反響を呼んでいる。

「#teamnacs」とキャプションを添えた安田は、TEAM NACSの5人のメンバーが勢揃いした写真をInstagramで披露した。TEAM NACSは北海道の大学の演劇研究会で1996年に結成された演劇ユニット。安田のほか俳優の大泉洋、音尾琢真、戸次重幸、森崎博之が所属し、近年も舞台やテレビなどで活躍している演劇界に欠かせない存在だ。そんな5人のメンバーが密着してはしゃぎ合うショットからはじつに楽しげな雰囲気が伝わってくる。結成から20年以上経っても仲の良い関係が続いているのはとっても素晴らしいことなのではないでしょうかっ!

「たのしそうだなぁ!」「密が癒しですわ」とコメントするファンも

TEAM NACSの集合写真を受けて、Instagramのコメント欄は「いい写真!」「嬉し泣きしました」「最高のおじさん達です」「肝心の安田さんが全然写ってなくて爆笑」「なんて可愛いいおっさん達だ」「キュン死しそう」「エモ過ぎでしょ」「朝から笑顔になれました!」「なんか元気出る!」と大盛りあがり。なかには「ソーシャルディスタンス!笑」「ミツミツ たのしそうだなぁ!」「わちゃわちゃ密が癒しですわ」といったコメントも。また「一生応援します」「いつまでもついていきます!!」と、あらためてエールを送るファンも相次いでいる。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



続きを読む
posted by kokodake at 21:05 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


堂本剛はパニック障害を治療する時間もなく、心を壊しながら仕事していた「ハート限界のなかで日々過ごしてた」#はと



1 :muffin ★:2020/09/29(火) 17:57:02.50 ID:CAP_USER9.net
https://wezz-y.com/archives/81537
2020.09.28

Kinki Kidsの堂本剛が、パーソナリティーを務めるラジオ『Kinki Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で自身が特にパニック障害に苦しんだ10〜20代を「心を壊しながら仕事していた」と振り返った。その発言があったのは、9月21日深夜放送回でのこと。ぺこぱのシュウペイなどKinki Kidsファンを公言する芸能人がいてくれることを嬉しく思い、自身の昔の作品を見返すこともあると語っていた。

しかし、若かった頃の仕事を思い返すと、その胸中は複雑なようだ。

<若かった頃、自分のお仕事してきた環境というか、周りの大人による子どもの僕らに対しての対応とか、いろいろ思い返しながら、昔の自分の作品とか姿とか見たり聞いたりしますけれども>
<なんて言うのかな、あの頃はその環境に順応してそうしていただけという自分もいるし、昔の自分を見て、良い気持ちには、僕個人的にはあんまりならない>

 当時のジャニーズ事務所や、堂本剛が主に活躍していたテレビ業界においては、忙しければ忙しいほど売れっ子の証であり、休みたいなどと言える空気はとてもなかったことだろう。弱さを見せれば落伍者の烙印を押され、干されても仕方がない、そんな時代だった。

 そして、堂本剛は2003年に、過呼吸症候群・パニック障害と闘病中であることを公表している。

 事務所側が病名を公表して休養に踏み切るなどしたわけではない。堂本剛は作家の伊集院静氏との対談のなかで<(体調は)良くはないですけど。まあ、たいしたことはないですね。長いですからね>(2003年7月16日付日刊スポーツ)と話し、この病気とは2003年よりはるか前からの付き合いであると明かしたのだった。

 自著『ココロのはなし』(KADOKAWA)では、精神的な不調は仕事のために家族と離れて上京した15歳の頃に始まり、デビュー後には<死にたい>とすら思っていた時期があったと告白している。

 精神的に不安定な状態の、まだ10代の子どもだった彼に、必要なケアは与えられなかった。前出『Kinki Kidsどんなもんヤ!』ではこのように話していた。

<心も壊しながら、ちゃんと治療する時間もないなかで、ずっと自分を励ましながらやってた部分が多いので。そのなかで、なんとかみなさんに納得いってもらえるものを、その頃の自分なりに頑張っててね。
 『なんなんこいつ?』『なんでこんなんもできへんの?』とか、『なんでこんな態度なん?』とかって当時思われたりとかもあったかもしれないけど、本当に僕のなかでは、ハート限界のなかでいろいろ毎日、日々過ごしてたからっていうのがあるので>

 自分自身のなかではかつての活動に対していろいろと思うところはあるが、当時のKinki Kidsを好きでいてくれた人の思いは素直に嬉しいという堂本剛。

<いろいろなところで、『応援してます』とか、『好きです』とか、まあ、『好きでした』でもいいんですけれども、言っていただけることが、その頃の自分に対して、ちょっと癒やしになる>

 と、ファンに感謝の言葉を述べていた。

続きはソースをご覧下さい

★1が立った日時:2020/09/29(火) 11:14:04.38
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601345644/



続きを読む
posted by kokodake at 18:05 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする